花粉症と注射(体験談コラム)

練馬区 花粉症ステロイド注射で結婚式を乗り切りました!

投稿日:

練馬区 花粉症ステロイド注射で結婚式を乗り切りました!
38歳の時に結婚式を機に花粉症ステロイド注射を受けた男性が体験談を話してくれました。

この男性はなぜ結婚式を契機にステロイド注射を受けたのでしょうか。
花粉症ステロイド注射で症状はどれくらい良くなったのでしょうか。

練馬区の大学時代は市販の薬で対処

患者談

もともと子供の頃からアレルギー体質で花粉症を自覚するようになったのは練馬区の大学生の時です。
学生のうちは薬を飲んでまで、花粉症の症状を抑えようと思ったことはあまりありませんでした。
外出先で目がかゆい、鼻水が止まらないと感じて「ちょっとこれは辛い」というときに練馬区の薬局でアレルギーの薬を買って飲むくらいでした。
今考えると、目のかゆみ、鼻水の症状はひどかったと思います。
若いうちは気合で乗り切りますし、人と接することを仕事でしているわけではないのでそれで良かったのかもしれません。

練馬区の知り合いから花粉症ステロイド注射の事を聞く

社会人になってから、練馬区で仕事で人と接するようになると自分の体の変化に敏感になります。

今日は練馬区は晴れだから、花粉が多くて目も鼻も辛いだろうな。
毎日洗うシャツを着ていると身体が痒くない、
セーターなど毎日洗濯しない服を着ると鼻水、目のかゆみ、全身のかゆみが辛い。
これは、洗濯をすると衣服に付着した花粉が洗い流されるからだろうな。

そういう感覚に敏感になってくると、まず身に付けるもの、部屋の空気など、環境が花粉の症状が出にくいものに変わっていきます。
それでも駄目な場合には、定期的に花粉の飲み薬を内服する、そういう生活を練馬区で5年くらい続けていました。
ある日、練馬区の知り合いから、花粉症ステロイド注射を打つとワンシーズン飲み薬、目薬もなくて快適に過ごせるよ、ということを聞きました。

練馬区のクリニックでステロイド注射を受ける

早速自分も興味を持って情報収集していました。
花粉症ステロイド注射の情報収集をして知識はありましたが、クリニックを予約してステロイド注射を受けに練馬区で受診するまでの行動力がなく何年か過ごしていました。
きっかけは、38歳に結婚式をしたことです。
結婚式を3月に行ったのですが、毎年3月はアレルギー症状が一番ひどくて、ただでさえあがり症なのに、そんな状態で人前に出ることはできないと感じました。
飲み薬や目薬で何とかならないかとも考えましたが、今までの経験上、それでは厳しいだろうと練馬区で花粉症ステロイド注射を受けることに決めました。

ステロイド注射を受けた結果

花粉症ステロイド注射を受けたその年は本当に快適でした。
今後もこういうイベントがある年には、ステロイド注射を受けようと決めました。
ステロイド注射は免疫が下がったり弊害もあるので、毎年やるのではなくて、花粉の量が多い年などにスポットでやる分にはとても良い治療だと思います。

  • 2019年7月吉日 患者会員さま懇親会でのインタビューより。

お気軽にご相談ください。

西東京ペインクリニック 土日も診察。


晴英会Google Map

-花粉症と注射(体験談コラム)
-

Copyright© 花粉症注射|東京 医療法人晴英会 , 2019 All Rights Reserved.